筋トレする人がブロッコリーを食べる理由は?効果や栄養素について

ブロッコリー




お疲れっす。KSK Fitness(@kskfitness)っす。

筋トレに関しての本を読んだり動画を見ていると、よく筋トレをしている人がブロッコリーを食べているのを見かけると思います。

なぜブロッコリーは、筋肉やトレーニングをしている人にとって効果的なのでしょうか?

今回は、そんなブロッコリーの効果や栄養素・調理時の注意点を解説します!

ミネラルが豊富

ブロッコリー

ブロッコリーには、カルシウム・鉄・ナトリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは、『トレーニングのパフォーマンスの向上・筋肉に機能を正常に保つ働き・筋タンパクの合成』などに関わっているのです。

筋肉が作られるためには、タンパク質が必要なのはもちろんですが、このミネラルが不足していると筋トレに悪影響を及ぼしたり、タンパク質の本来の効果が発揮できないのです。

ミネラルって何?種類や効果とは?

2017.12.19

ビタミンCが豊富

フルーツ

ブロッコリー100gあたりに含まれるビタミンCは、約120mgで、レモンよりも多くの量が含まれています。これは、成人の1日の推奨摂取量100mgを上回る量ですので、いかに多く含まれているかがわかるでしょう。

ビタミンCはビタミンの中でも重要なものの1つで、実に多くの効果があります。

  • 風邪や病気にかかりにくくする
  • 肌や爪をきれいにする
  • 発がん性物質から身体を守る
  • コレステロールを下げる
  • 美白効果をもたらす
  • ストレスを緩和させる
  • テストステロンを増加させる

この中でも特に重要なのは、「風邪をひきにくい」ことと「テストステロンの増加」でしょう。

テストステロンとは男性ホルモンの一種で、筋肉の増強や骨格の形成に、非常に重要な役割を持っているよ。

ビタミンB群が豊富

ブロッコリーには、『ビタミンB1・B2・B6』が含まれています。

B1とB2は、糖質や脂肪をエネルギーに変えるときに必要とされます。そしてB6は、アミノ酸が体内で様々な働きをするときに必要とされます。

つまり、筋トレをする人にとってビタミンB群は、大変重要な栄養素なのです。

ビタミンの効果一覧!筋肉に必要か?

2017.11.29

ブロッコリーの調理法

ブロッコリー

茹ですぎない

ブロッコリーに含まれるビタミンCは、水溶性であるため、茹でると水に溶け出してしまいます。よって、茹で時間はなるべく短めにするのがいいでしょう

ブロッコリーは茹でた後でも、100g中54mgのビタミンCが残っているよ。これは他の野菜と比べるとかなり高いよ。

茎は捨てない

実は、茎の部分の方が栄養素が多く含まれていて、特にビタミンCとβカロテンの含有量が多いのです。茎もおいしく頂きましょう。

βカロテンは、美肌効果や老化防止、がん細胞の抑制などをもたらしてくれる優秀な栄養素だよ。

まとめ

  • ブロッコリーは、ビタミンB・ビタミンC・ミネラルなどが豊富に含まれている
  • 調理時の注意点は「茹で過ぎない」「茎は捨てない」

栄養素が豊富なブロッコリー、ぜひ意識して食事に取り入れてみてくださいね!




よかったらシェアしてね