モンスターエナジー飲み比べ!全種類一覧&おすすめの味は?

モンスターエナジー種類一覧




モンスターエナジー」。

そのスタイリッシュなパッケージと、味の美味しさが定評のエナジードリンクである。

いつでもコンビニで購入できる手軽さから、目を覚ましたいときや、気合を入れたい!というときに飲むという人は多いだろう。

そんなモンスターエナジーの種類一覧や、おすすめの味について見てみよう。

↓結論↓

  • 緑 → リアルゴールド
    白 → 無味の炭酸水
    青 → 緑の甘みと炭酸感を薄くした味
    赤 → ラムコーク
    オレンジ → ファンタオレンジ
    ピンク → りんご + オレンジ
  • オレンジ(カオス)・赤(キューバリブレ)・ピンク(パイプラインパンチ)はジュース感覚で飲めておすすめ
  • 緑はたまに飲みたくなる
  • 青と白はあっさり

モンスターエナジーとは?

モンスターエナジー

公式サイト(https://www.monsterenergy.com/)より

モンスターエナジーは、モンスタービバレッジ社が販売するエナジードリンクである。

エナジードリンクとは、分類で言うと炭酸飲料(清涼飲料水)だ。モンスターエナジー以外ではレッドブルが有名だろう。

エナジードリンクには、一般的にカフェインやアルギニン・ビタミンB群・ナイアシンなどが含まれている。

これらの成分のおかげで、

  • 眠気を覚まし、覚醒作用をもたらす
  • トレーニング時の血行増進効果や持久力アップ
  • 炭水化物や脂肪をエネルギーに変えたり、アミノ酸の働きを助ける

などの効果があるのだ。

モンスターエナジー種類一覧

モンスターエナジー種類一覧

 

日本で売られているモンスターエナジーの種類は、↓の6種類だ。

  • モンスター キューバリブレ(赤)
  • モンスター エナジー(緑)
  • モンスター ウルトラ(白)
  • モンスター アブソルートリー・ゼロ(青)
  • モンスター カオス(オレンジ)
  • モンスター パイプラインパンチ(ピンク)

ちなみに海外では、日本の何倍もの種類や別シリーズが売られている。もし海外に行く機会がある人は、ふらっと探してみるのも面白いだろう。

おすすめの味ランキング

では、おいしい順にランキング形式で見ていこう。※あくまでも個人的な感想であることをご了承いただきたい。

1. カオス(オレンジ)

モンスターエナジー

堂々の1位はこれだ。パッケージも最も目を引く『モンスターエナジー・カオス』。

モンスターエナジー

中身もきれいなオレンジ色だ。

モンスターエナジーに、「オレンジ・りんご・もも・タンジェリン・パインアップル・ぶどうの果汁をブレンド」したのが特徴である。

100mlあたり、35kcal・炭水化物9gだ。

味は、ファンタオレンジのオレンジ感を若干薄くした味だ。ファンタオレンジが好きな人に特におすすめである。

2. パイプラインパンチ(ピンク)

モンスターエナジーパイプラインパンチ

2019年4月23日よりめでたく日本でも発売となった「モンスターエナジーパイプラインパンチ」。

別名「ハワイアンモンスター」だ。

100mlあたりの成分は、44kcal・炭水化物10g。モンスターエナジー独自のエナジーブレンドに加えて、「ハワイで人気のパッションフルーツ・オレンジ・グアバ・りんご・パインアップル」がブレンドされている。

ピーチを彷彿とさせるパッケージだが、実際は「りんご + オレンジ」味といったところだろう。

カオスと同じくジュース感覚で飲めるので、非常におすすめである。

3. キューバリブレ(赤)

モンスターエナジー

日本限定の新作フレーバー『キューバリブレ』だ。黒と赤の配色がシビれる。

キューバの独立を祝ったカクテルであるラムベースのカクテル「キューバリブレ」にちなんだ味だそうで、ライムが加えられているのが特徴だ。

見た目はコーラっぽい。

モンスターエナジー

100mlあたりの成分は、42kcal・炭水化物10g。

味はまさにラムコークやコーラのようで、かなりおいしい

ちなみに、実際のキューバリブレも『ラム+ライムジュース+コーラ』がレシピだそうだ。

4. モンスターエナジー(緑)

モンスターエナジー

モンスターエナジーの定番、原点とも言える緑だ。

モンスターエナジー

100mlあたり、50kcal・炭水化物13gである。

味は、どこかリアルゴールドっぽい。万人受けする味と言えるだろう。

5. アブソルートリー・ゼロ(青)

モンスターエナジー

モンスターエナジー・ABSOLUTELY ZEROだ。

モンスターエナジー

見た目は黒/緑のとほぼ同じである。

名前の通りゼロカロリー・ゼロシュガーが売りのようで、100mlあたり0kcal・炭水化物1.0gだ。

他の味と違って、「疲労回復や運動能力の向上、筋肉痛の緩和効果」があるD-リボースという糖(単糖類)の一種が含まれていない。

味はパッケージの印象通りあっさりしていて、黒/緑の甘みと炭酸感を薄くした感じだ。個人的には、味が薄く物足りない印象である。

6. ウルトラ(白)

モンスターエナジー

モンスターエナジー・ウルトラだ。

モンスターエナジー

中身も白く、コンセプトは「スッキリとした味わい、甘さ控えめ」だそうだ。

100mlあたりの成分は、0kcal・炭水化物0.7g。青と同じく、D-リボースというものが含まれていない。

味は無味の炭酸水のような感じで、青と同じくやや物足りないという印象だった。

まとめ

以上が、モンスターエナジーの種類とおすすめの味ランキングである。

みなさんも、ぜひ自分好みの味をぜひ見つけてみてほしい。

おすすめのエナジードリンクはどれ!?7種類をランキング順に紹介!

2018.12.05




よかったらシェアしてね