【筋トレ】逆三角形の身体を作る3つの条件とは?

筋トレ




お疲れっす。KSK Fitnessです。

男なら誰しもが憧れる、逆三角形の身体。

脱いだ時はもちろん、Tシャツ姿やスーツを着た時特に身体のラインははっきりわかります。

男らしい逆三角形体型をつくるための、3つのポイントを確認しましょう!

発達した広背筋をつくる

背中の筋肉

逆三角形の土台となるメインの筋肉と言えば、広背筋です。

広背筋は、肩甲骨の下にある筋肉で、人体で最も面積の大きい筋肉です。

広背筋

広背筋を鍛えていない場合、脇の下のシルエットはストンと落ちる感じで何もありませんが、広背筋を鍛えて筋肉が大きくなると、脇の下側が左右に膨らんできます。

すると、背中が扇型に広がっていくのがよくわかります(特に後ろから見た時)。

この広背筋は日常生活であまり使われないため、最初はトレーニングで最も結果が出やすい部位の1つなのです。

しかし、広背筋は体の後ろ側の筋肉で目に見えないため、トレーニングで意識することが難しい部位でもあります。意識するコツとしては、肩を落として肩甲骨を寄せるようにしましょう。そうすることで、広背筋をうまく使うことができます。

体の後ろ側からみた肩甲骨

体の後ろ側からみた肩甲骨

ちなみに、広背筋が発達すると姿勢を維持することが楽になり、自然と胸を張る姿勢になるよ。
猫背の人は広背筋を鍛えるといいよ。

肩周りの筋肉を鍛える

三角筋

広背筋についで鍛えるべき場所は、三角筋と呼ばれる肩の筋肉です。肩の筋肉をつけることで、身体の上部にボリュームが出るのです。

肩の筋肉は、「前部・中部・後部」の3つの部位に大きく分けることができますが、特に肩の前と横の筋肉を鍛えることで、肩全体を大きくすることができ、正面から見たときのシルエットがかなり変わってきます。

肩の筋肉を鍛えるには、ショルダープレスやサイドレイズ等、ピンポイントで効かせるのが難しい種目が多いですが、反動や腕の力をなるべく使わずに、肩に常に負荷がかかった状態を意識するように心がけてみてください。

引き締まったウエストをつくる

男性が腹筋をしている

肩や背中の筋肉を大きくすることに成功したら、仕上げにウエストを引き締めてあげましょう。せっかく肩や背中が発達しても、お腹周りがブヨブヨのままだと、残念ながら逆三角形体型にはなりません。

腹筋や有酸素運動でお腹周りを引き締めることによって、脇の下からウエストにかけて細くなるという、逆三角形独特のラインが出来上がります。

痩せるためには【筋トレと有酸素運動】どっちが効果あるの?

2017.11.12

まとめ

  • 広背筋を鍛えて扇型の背中を作る
  • 三角筋(肩の筋肉)を鍛えて、身体の上部のボリュームを出す
  • 仕上げに腹筋群を鍛える

この3つの部位は、日常生活であまり使わないところなので、意識して鍛える必要があります。言い換えれば、正しい筋トレをある程度続ければ、誰でも逆三角形体型になれるということです。

ぜひ夏に向けて、逆三角形の身体づくりを今から始めましょう!




よかったらシェアしてね