モンスターエナジーパイプラインパンチ(ピンク)が新発売!その味は?

モンスターエナジーパイプラインパンチ




人気のエナジードリンク「モンスターエナジー」。

そんなモンスターエナジーから、この度日本で新しい味が発売となった。

その名もモンスターエナジーパイプラインパンチだ。パッケージカラーはピンクである。

今まで日本では「緑・青・白・オレンジ・赤」と発売されてきたが、6種類めとなる。

そんなモンスターエナジーパイプラインパンチについて、早速飲んでみたので味の評価などを紹介しよう。

↓結論↓

  • 別名「ハワイアンモンスター」
  • 「独自のエナジーブレンド」+「ハワイで人気のパッションフルーツ・オレンジ・グアバ・りんご・パインアップル」
  • 味は「りんご + オレンジ」
  • 果汁がしっかり入っていて甘く、ジュース感覚で飲めるので個人的にはかなり好きな味

モンスターエナジーとは?

モンスターエナジー

モンスターエナジーは、モンスタービバレッジ社が販売するエナジードリンクである。

エナジードリンクとは、分類で言うと炭酸飲料(清涼飲料水)だ。モンスターエナジー以外ではレッドブルが有名だろう。

カフェインやアルギニン・ビタミンB群・ナイアシンなどが含まれており、これらの成分のおかげで「眠気を覚ます作用・血行増進効果」などの働きがある

今回紹介するパイプラインパンチを除く、5種類の味の特徴は↓である。

  • 緑 → リアルゴールド
  • 白 → 無味の炭酸水
  • 青 → 緑の甘みと炭酸感を薄くした味
  • 赤 → ラムコーク
  • オレンジ → ファンタオレンジ

モンスターエナジーパイプラインパンチ(ピンク)の特徴と発売日

モンスターエナジーパイプラインパンチ

モンスターエナジーパイプラインパンチの別名は「ハワイアンモンスター」である。

バンザイ・パイプラインというハワイ・オアフ島のサーフポイントの強大な波をイメージしているらしい。

2015年にアメリカで限定販売され、またたく間に全米に広がった人気の味である。そして日本でも、2019年4月23日より発売となったのだ。

成分は?

100mlあたり
カロリー 44kcal タンパク質 0g
脂質 0g 炭水化物 10g
ビタミンB2 0.7mg ビタミンB6 0.8mg
ビタミンB12 1.0-6.0μg ナイアシン 8.5mg
L-アルギニン 53mg 高麗人参 82mg
L-カルニチン 29mg カフェイン 40mg

上記の成分に加えて、「モンスターエナジー独自のエナジーブレンド」+「ハワイで人気のパッションフルーツ・オレンジ・グアバ・りんご・パインアップル」がブレンドされている。

カフェインは40mgと、他の味と同じ量が含まれている。

味の評価は?

モンスターエナジーパイプラインパンチ

第一印象はピーチ味を彷彿とさせるパッケージだが、果たして味はどうなのだろうか?

コップに注いでみると、鮮やかなオレンジ色で見た目はモンスターエナジー・カオス(オレンジ)と同じである。

モンスターエナジーパイプラインパンチ

味はというと、1口目飲んだ時は一瞬ピーチっぽい味がしたが、すぐに濃厚なオレンジのような味が口の中に広がった。

例えるなら「りんご + オレンジ」味である。炭酸もそんなに強くはない。

果汁がしっかり入っていて甘く、ジュース感覚で飲めるので個人的にはかなり好きな味である。全種類の中でもベスト3には入るだろう。

モンスターエナジーおすすめの味ランキングの記事も書いたので、よかったら見てほしい。

モンスターエナジー飲み比べ!全種類一覧&おすすめの味は?

2017.11.15

モンスターエナジーパイプラインパンチはアマゾンや楽天でも購入可能

コンビニでももちろん手軽に手に入るが、実はアマゾンや楽天でも購入が可能である。

1本約180円程度とコンビニと同じぐらいの値段なので、「箱買いしたい」という場合はネットから購入するのもありだろう。

まとめ

以上が、モンスターエナジーパイプラインパンチについてである。

甘くて美味しいので、モンスターエナジーファンはぜひ1度は飲んでみてほしい。




よかったらシェアしてね